トップ > 希望のガレージキットを検索 > 車の整備工場+事務所

【物件ID:017】 車用ガレージ2台 バス・トイレ・キッチン等の設備付き 部屋付き(床なし) 車の整備工場+事務所

2台ガレージに事務所を付けた変形バージョンです。

見積価格
面積 72.67㎡(21.98坪)
キット納品 4,000,000円
キット+ハーフビルド ---
キット+フルビルド 5,130,000円
その他の必要工事(想定費用)
基礎工事 1,320,000円
電気工事 220,000円
総工費※ 6,670,000円

※キット納品の費用には運搬費は含まれません
※金額は税別です
※建築確認申請費は含まれません。
※総工費の中には塗装工事、水道設備工事は含まれません
 (別途御見積可能)
※基礎工事は以下の条件での想定費用となります
 1.寒冷地ではない
 2.平坦地(水平地)であり、樹木の伐採・伐根がない
 3.残土処理が場内で行える
 4.ミキサー車等の作業車両の進入が十分可能である
※電気工事は以下の条件での想定費用となります
 1.母屋等の既設建物の外部電源等から回路をもってこれる(10m以内)
 2.照明器具は別途
 3.コンセントx2か所、照明配線x2か所、スイッチx2か所を想定

「車の整備工場を作りたい」というお客様からの依頼で設計したプランです。


建築基準法の第22条地域、と呼ばれる地域でしたので、通常仕様から下記の変更を加えました。
1.外壁を「国交省の防火認定品」に変更
2.室内側の壁に不燃材を張る(石膏ボード)

この変更で22条地域で建築許可が下ります。
ちなみに・・・関東圏や都市部ではほとんどのエリアがこの22条地域!または、もっと厳しい「準防火地域」なのです。準防火地域は東京で言えば23区内の密集地などはかなりの確率でそうです。駅前や結構密集した住宅街などでもあります。準防火地域の場合は上記1、2の他にもう少し多く変更しなければならない事があるのです・・・ここでは長くなるので書きませんが、詳しくはご連絡下さい。


今回は更に、店舗という事で防犯の事も考慮して窓に格子も加えました(立面図上で窓の部分に縦に沢山のラインが入っているのが縦格子です)


もう1点通常仕様と違う点は、
オーバードア ⇒ 国産ロールアップシャッター
に変更した点です。これは、室内で車をリフトアップする時、オーバードアを使ってしまうと車がぶつかってしまうからです。


立面図を見て「随分マドが多い建物だなぁ」と思われるかもしれませんが、これは法規上
必要な窓なのです・・・(排煙用も兼ねている大きな引違いの窓が3枚あります)
ちょっと説明するには難しい内容ですので、
「店舗として建てる場合は色々な法規が絡んでくるんだ!!」
とだけ覚えておいてください。詳しい事は、こちらも当社にご連絡下さい。

※表示価格について
・表示の金額以外に運搬費、建築確認申請費、交通・宿泊費、塗装費、などが別途かかりますのでご注意ください。
・今回の施工費の中には内装工事は含まれていませんが、内装材はキットに含めました。


 


資料をPDFでダウンロード この施工内容を参考事例としてお見積もり
ページの先頭へ戻る